運転者を限定して保険料を節約しよう!「運転者限定」

自動車を運転する人を限定することで、自動車保険の保険料を節約できるのが「運転者限定」です。
限定する運転者の範囲を確認し、自分に合った限定をすることで、保険料を上手に節約しましょう。

運転する人で保険料が決まる

自動車保険の任意保険では、運転者を限定して、事故のリスクが高い若いドライバーや家族以外の他人を運転させないということで、保険料を抑えることができます。
つまり、運転する人を「自分」「家族」など、特定の人に限定する「運転者限定」です。
例えば「運転する人を家族に限定」すると、友人や他人がその車を運転して起こした事故は補償されなくなってしまいます。つまり、補償される人が少なくなればなるほど、事故の危険度が下がるので保険料が安くなるという仕組みです。

ユウ
運転者限定には4つの段階があり、どの限定を適用するかによって、保険料や補償の内容は大きく変わります。誰でも運転OKなら「限定なし」で保険料は高いままですが、「家族だけ」「夫婦だけ」「本人だけ」と、限定することで保険料を安くできます。

運転者を限定できるのは任意保険のみとなり、自賠責保険では運転者限定は出来ません。
一般的に保険料が安い順に「本人限定あり」「夫婦限定あり」「家族限定あり」「運転者限定なし」となります。

*保険会社により、内容に違いがありますので、ご確認ください。

運転者限定の効果と注意点

一般的な任意保険では、「保険に入っている車を誰が運転しても補償可能」となっています。確かに補償の範囲は万全ですが、余分なコストも抱え込んでいる場合があります。運転者を限定することによって、補償とコストのバランスを調節することは効果的といえるでしょう。

運転者を限定していた場合、それ以外の人が運転して起こした事故は保険で補償してもらえません。例えば、「本人限定なのに奥さんが運転して事故」、「家族限定なのに友達が運転して事故」といった場合は、補償されないため注意が必要です。運転者限定とは、「○○限定」とする代わりに、保険料を安くする仕組みなのです。

家族限定の「家族」とは?

限定を「家族限定」にしていた場合、基本的に契約者と同居の家族は「家族」と見なされ、運転時に補償可能となります。ただし、この「家族限定」の「家族」の定義がなかなか難しく、その範囲は特殊です。

家族限定の家族とは、血族・姻族の親等に関わらず、契約者と同居している家族は保険上の「家族」と見なされ、家族限定がついていても運転OKとなります。
ところが、隣同士の親戚、結婚して近所に居を構えた子供などが車を運転する場合、もしも家族限定がついていたら万一の場合、補償が受けられません。この点はくれぐれもご注意ください。

また、保険会社ごとに判断が分かれるのが二世帯住宅です。
「住居の入口が一つなら一世帯」「水回りが別々なら二世帯」など、会社によって意見はまちまちです。二世帯住宅にお住まいの方は限定する前に、必ず保険会社にご確認ください。

「運転者家族限定」の範囲は次のとおりです。
(1)記名被保険者
(2)記名被保険者の配偶者(内縁を含みます。以下同じ)
(3)記名被保険者またはその配偶者の同居の親族(※1)
(4)記名被保険者またはその配偶者の別居の未婚
(※1)「同居の親族」とは、一つの建物に同居している親族をいいます。親族とは、配偶者、6親等以内の血族、3親等以内の姻族です。
ユウ
当然ではありますが、家族限定特約を付けたときに友人知人が運転して事故を起こした場合は補償が受けられなくなります。こことはしっかりと肝に銘じた上で、特約を考えた方がよいでしょう。

「別居の未婚の子」の定義について

「別居の未婚の子供」とは、一人暮しの学生や独身の子供を指します。該当する子供を家族限定の補償範囲に含むとする保険会社が多いのですが、その定義は各社によって異なるので、注意が必要です。

また、別居の未婚のお子さまには年齢条件は適用されませんので、年齢条件はお車を運転される同居のご家族の中で最も若い方の年齢に合わせてご設定ください。なお、「別居」かどうかは住民票の登録ではなく、実態により判断します。

*保険会社によっては、家族限定の中に「年齢を問わず、別居の未婚の子供」を補償対象に含めるところもあります。例えば、35歳以上補償の場合でも、別居の未婚の子供(20歳)が帰省時に運転するといったケースを補償してくれることもあります。「別居の未婚の子」の定義は保険会社によって異なる場合があるため、詳しくは保険会社に確認をしておきましょう。

家族限定特約をつけたとき、年齢制限はどうなる?

ヨーコさん
家族限定特約などの運転者の範囲を特約で定めた場合、その年齢制限などはどうなるのかしら?
ユウ
運転者を限定する特約と、年齢制限特約は組み合わせて35歳以上補償・30歳以上補償・26歳以上補償・21歳以上補償・年齢を問わず補償とすることができます。家族限定特約にする場合は、家族内での年齢に合わせて、年齢制限を選びましょう。

運転者を上手に限定してトクするコツ

事故を起こした場合に補償できる運転者を限定する「運転者限定」。保険料が安くなるのは分かっていても、「普段は夫婦しか運転しないが、まれに友達が運転する」「お盆と正月に帰省し、その時は実家の兄弟が運転する」といった理由から、家族限定、夫婦限定にしていない人もいるのではないでしょうか?運転者限定をするかしないかで、数千円から1万円程度も保険料に差が出ることがあります。そこで、上手に運転者を限定する方法をご紹介します。

決まった期間だけ限定をはずす

家族限定で保険を契約しているものの、年に1~2回、友達が自動車使う場合を考えてみましょう。この場合、友達が使う日にちがわかったら、保険会社に「○月○日から限定を外したい」と連絡します。保険会社がその日にちから日割り計算で保険料を算出してくれ、その差額を支払うことで他人の運転も補償可能になります。

友達が運転する期間が終わったら、再度連絡して限定ありに戻せばいいのです。保険料が戻ってくる場合もあり、これで少々の負担で必要な時期だけ補償可能になります(詳細は保険会社によって異なります)。ソコソコの金額で万全の補償を受けられるので、覚えておいて損はないと思います。

ユウ
また、万が一、他人の「家族限定あり」の車を運転してしまい、事故を起こし、誰かに被害を与えた場合。運転者が自分の車で任意保険に加入し「他車運転危険担保特約」をつけていれば、補償されるかもしれません。
これは、対人賠償、対物賠償に限って、自分の保険が使えるという特約です。
しかし、この特約の目的はあくまで被害者救済が中心。自分や家族が大けがをしても保険金がおりないケースもあるので、くれぐれも注意してください。

1日自動車保険への加入

24時間単位でご加入いただける1日自動車保険へ加入します。インターネットやコンビニで加入することができるので、帰省した時などで親の車を使う時、友人から車を借りる時などにご加入頂けます。保険料をおさえて、必要な時間だけ必要な保険に加入することができるのでとても便利です。

*詳細は各保険会社によって異なります。

運転者を限定した時に注意すべきこと

最後に運転者を限定した場合に、注意すべきことをまとめておきます。

もし友人に運転を代わってもらうときは、万が一のことも考えて、自分の自動車保険に補償の対象となる運転者の範囲を限定するような特約をセットしていないか契約内容を確認してから、慎重に行いましょう。

また、こうした運転者を限定する特約は変更することもできるので、補償対象外の人が運転することが考えられる場合には、変更手続をするようにしましょう。変更手続が完了する前に起こした事故による損害に対しては、保険金が支払われないので注意してください。

運転する人や家族構成が変わることで、いままで補償対象だった人が補償対象外になってしまうことがあります。「家族が免許を取った」「独立した」「結婚した」などで車を運転する人や家族構成に変化があった時は、必ず契約条件の確認をしましょう

ユウ
「運転者限定特約」や「運転者年齢条件特約」の変更はご継続のタイミングだけでなく、契約期間中いつでも可能です。こまめに確認をしてうまく特約を利用して、保険料の節約をしましょう。