車両保険はどんな保険?本当に必要なの?

自動車保険の基本補償、「車両保険」ってどんな保険?
本当に必要なの?加入していた方がいいの?

自動車保険の車両保険とは・・・ご自身のお車が壊れた場合、修理費用を補償する保険です。

ユウ
自動車保険がカバーする補償には、さまざまなものがあります。
その中で、自分に合う保険を選ぶのはとても難しいものですね!
なかでも「車両保険」は「加入するべきかどうか、不要なのではないか」など、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

「車両保険」はご自身のお車が傷ついたり破損したりしたときに補償を受ける保険であるため、対人賠償、対物賠償などよりもその必要性についてじっくり考えてみることが少ないかもしれませんね。

「車両保険」に加入すると・・・

保険料の負担は増えてしまいますが、「車がなくては困る」という生活、例えば仕事に使っている、通勤通学に使っている、などの方々にとって、車両保険は非常にありがたい保険です。

保険料負担が家計の圧迫にならないように、車両保険のメリット・デメリットを考え、加入するべきかどうかの判断をすることがとても重要です。
運転技術にもし自信があったとしても、飛び石台風あて逃げなどの予期せぬトラブルで車が破損しないとは限りません。

どんなに注意をしていても、多かれ少なかれトラブルに巻き込まれる可能性はじゅうぶんにあります。他人にケガをさせない、自動車で物を壊さなければそれでよいという考えの一方、事故でご自身のお車が傷ついたりすれば、修理に出費がかさんで実際はかなり頭の痛い問題となることもあります。

車両保険は、どんな補償をしてくれるの?

ヨーコさん
車両保険でカバーされる補償はどんなものかしら?

・ご自身の過失~ご自身の不注意で、他人の車にご自身の車をぶつけてしまった場合

・自損事故~車庫入れに失敗してこすってしまったなど、ご自身の過失で車を傷つけてしまった場合

・災害による損害~故障や盗難による損害だけでなく、洪水、台風、火災などの災害によって車が損害を受けた場合

・ご自身の車にされた落書きなどの修理費~車を駐車場に停めておいたらいたずらで傷つけられた場合小石が飛んできて傷が付いた場合

・あて逃げされた場合

車両保険を付けるとき、知っておくべきこと

自動車保険の保険料が上がる

車両保険を付帯することで保険料の負担は増えますが、補償内容を限定することで、保険料を下げることも可能です。
重要なのは「自分にとって必要な補償は何か」をしっかり考えるということです。

加入している車両保険の種類により、補償されないトラブルがある

どんな車両保険も、「自動車の損害のすべて」を補償するわけではありません。
補償範囲の広い「一般型」を選べば、当て逃げによる損害も補償されます。(相手が確認された場合)
*以下、「車両保険の2つのタイプ」をご参照ください。

車両保険を利用すると、「等級」が下がるので保険を使うべきか迷う

車両保険が適用され、補償を受けると、「等級」が下がって保険料が高くなる場合があります。
修理の金額よりも、車両保険を使って保険料が高くなる場合は、車両保険を使う意味がなくなってしまいます。

 

車両保険をおすすめしたい方

車両保険の付帯をおすすめしたいのは、次のような方々です。

新しい車を買ったばかりの方

新車を買ったばかりの方は車両保険を付けることをおすすめします。
新車の場合は中古車に比べて高額となるため、ローンを組んで購入することが多くなります。
車両保険金額は時価相当額なため、新車ほど補償される保険金額は高くなります。

たとえば新車を買った時のローンの返済中に大きな事故を起こしてしまうと、ローン返済に加えて多額の修理費が必要となります。
また、事故で全損して車を失ったあと、ローンの一括返済をしなければならなくなったり・・・

別の車を買うことになれば、さらに新しい車の購入代金が必要になったりします。車両保険を付帯していると、残ったローンの返済に充てることもできるので、ローン返済中は車両保険を付帯しておくのがおすすめです。

事故を起こしてしまって車が廃車になったうえに、多額のローンだけが残ることはとても悲惨なことです。
車両価格の30%以上のローンが残っているのであれば、車両保険を付けましょう。

免許を取りたての方

免許を取ったばかりの方は、まだ運転に馴れておらず、ベテランドライバーに比べて事故を起こしてしまう確率が高いものです。

ユウ
免許を取得して初めて自分の車を持つという方は、念のため車両保険を付帯しておくとよいでしょう。

運転に不慣れな方

運転に不慣れな方も、免許を取りたての方と同じく、事故を起こしてしまう可能性が高いと考えられます。駐車や車線変更が苦手、高速道路の運転にまだ慣れていない、といった方は、車両保険を付帯しておくと安心です。

車両保険の2つのタイプ

「車両保険に入っていれば、車両に関するどんなトラブルでも補償される」というわけではありません。車両保険は補償内容により大きく2つのタイプがあります。車両保険は大きく「一般型」と呼ばれるタイプと、「限定型(エコノミー型)」などと呼ばれ、一般型より補償の範囲が限定されるタイプの2つがあります。

*名称は各保険会社によってさまざまですので、ご確認ください。

一般型

補償の範囲が広い車両保険です。その分、限定型(エコノミー型)よりも支払う保険料は高くなります。壁や電柱にぶつけたといった自損事故や、車にぶつかった相手が不明な「あて逃げ」、車に傷がついてしまった「飛び石」についても補償されるものです。詳細は保険会社により異なりますので、しっかり確認するようにしましょう。

限定型(エコノミー型)

一般型よりも、補償の範囲が狭い車両保険です。多くの場合、相手の不明な「あて逃げ」や単独の自損事故や「飛び石」については補償していません。こういった限定タイプを選ぶことにより、車両保険金額を低くせずに保険料を節約することができます。

ユウ
保険料を安くするには、免責金額を設定するという方法があります。例えば、免責金額を10万円にした場合、修理代が100万円なら10万円が自費で、90万円が保険金として支払われることになります。
免責金額とは、車両保険金額のうち契約者が自費で負担する金額のことです。免責金額を設定することにより、保険料を安くすることができます。
多くの保険会社では「1回目の車両事故」と「2回目の車両事故」の免責金額の組み合わせで選びます。
例えば、1回目は0円、2回目は10万円、などに設定します。

どれくらいの人が車両保険を付けている?

「車両保険は任意保険の一部であり、強制ではないのだから、付帯加入は不要では」と思う人もいるかもしれません。
もちろん、車両保険を付けないという選択もあります。

一般社団法人日本損害保険協会の調査によると、任意保険の中でも車両保険に入っている人は43.5%となっており、対人賠償保険(74.1%)や対物賠償保険(74.2%)と比べても、付帯者が多いとは言えません。

当然のことですが、車両保険に入るのにはお金がかかります。保険料の負担が増えることに加え、小さな故障であれば、その修理にかかる費用より、保険料のほうが高くなってしまうことなども、車両保険への加入率を下げている原因だと言えます。

車両保険の金額はどれくらい?

車両保険金額をいくらにしようか迷った際には、車両本体価格とカーナビなどの付属品(オプション品)の合計金額を保険金額の目安とすることが多いです。

車両本体価格が同じでも、オプション品やエアコンやカーステレオなどの付属品により、その人が車にかけた金額は変わります。車の金額が高くなった分、なにか事故などがあったときのための補償は厚くしたいものです。そのため、車両保険金額にはある程度の幅があり、金額はその範囲内から選ぶことが可能になっています。つまり、車両保険金額を設定する際には、車両の本体価格だけでなくオプション品や付属品などの価格も考慮する必要があります。

ヨーコさん
中古車の場合も車両保険に入ったほうがいいのかしら?
ユウ
中古車の場合、車の購入金額や、あと何年乗るかといったことを考えると、「車両保険を付けない」という選択もあります。中古車は車両保険金額が低くなることもあり、事故などで修理をしなくてはならない時、修理費を貯金などでまかなえる余裕があれば車両保険を付帯する必要はありません。「修理するくらいなら買い換えたほうがいい」という場合もあるかもしれませんとくに、年式の古い中古車や、価格が安くなっている中古車については、必ずしも車両保険を付けたほうがいいとは言えません。

ただし、ローンを組んで中古車を購入したり、事故にあって修理に出すためのまとまった資金がなかったりする場合は、中古車であっても車両保険をつけることをおすすめします。

車両保険金額は、契約する車両の年式や車種による車の時価(市場で販売されている価格)を目安に決定されます。販売から時間が経過した車であれば、車の価値は下がり、車両保険金額は低くなります。車の年式が古くなるにつれて車両保険を付けなくなる傾向があるようです。車の価値は10年程度でなくなると言われていますので、10年を目安に契約時の保険金額を確認し、修理費に十分な保険金が支払われるか確認しましょう。

※車の時価は時間の経過とともに下がっていきますが、車両保険金額は保険の契約期間中は下がりません。
車両保険の保険金額はあくまで車両保険契約が締結した時点における契約車両の金額で、「協定保険価額」と呼ばれています。翌年度の更新時には「協定保険価額」が下がることになります。

車両保険の便利なオプション特約

車内身の回り品補償特約

ご契約のお車に積載中のゴルフバッグやカメラなどの身の回り品が、事故により破損したり、盗まれたりした場合の補償です。

保険金額を上限に、身の回り品の時価額または修理費のいずれか低い方から免責金額を差引いた金額をお支払いします。

代車提供特約

ご契約のお車が事故によって修理、または買替えが必要になり、かつ、被保険者が代車を使用することが必要となった場合に、代車を手配しご提供する特約です。

車両保険で補償される事故に限ります。
ご契約のお車が、自家用普通乗用車、自家用小型乗用車または自家用軽四輪乗用車の場合に付けることができます。

車両保険が支払われる場合

大きな事故により車が全損になっても車両保険を受け取ることができます。全損の場合、支払われる金額は「車両保険金額」の全額であり、その保険金内で車を修理するか、修理せずに手放すか、あるいは買い換えるかなどの行動は、車の所有者の自由です。

ユウ
保険に関して「全損」という言葉には「車が修理できないほど壊れてしまった」という意味以外の意味もあります。
「全損」のふたつの意味
・物理的全損~修理が不可能なまでに壊れた状態を言います。
・経済的全損~修理金額が自動車の時価額を上回る場合を指します。
同じ車種、同じ年式、同じグレードの車を購入するほうが、修理するより安い場合です。この場合は修理するだけ損をしてしまいます。

 

ユウ
車両保険にはいってなくて、車の修理費や買い換えを自己負担で行うことになれば、結局のところ「車両保険に入っておけばよかった」ということになります。過去、車を所有・運転していて、どんな危険があったか、自分自身のことを振り返って、車両保険の必要性を考えるようにしましょう。