自動車保険のドライブレコーダー特約はどんなもの?

自動車保険の「ドライブレコーダー特約」ってどんなものでしょう?

まだお車に付けていなくて、「ドライブレコーダーを試してみたい!」という方は、自動車保険の「ドライブレコーダー特約」のご検討をおすすめします。

東名高速道路で起きた「あおり運転」事件などの影響もあり、ドライブレコーダーへの関心が急速に高まっています。ドライブレコーダーは「自分で買う」ほかに、「自動車保険にドライブレコーダー特約を付ける」ことができます。

ヨーコさん
あおり運転・・・テレビで見たけれど、本当に怖いね。ドライブレコーダーは必要だと思うけど、どんなものがいいのかしら?
ユウ
映像、怖かったですよね。ドライブレコーダーの映像があるといざという時に証拠となり、便利ですよ。ドライブレコーダーの種類や特約についていろいろ見ていきましょう!

ドライブレコーダーはどんな時に役に立つの?

あなたは、ご自身のお車に「ドライブレコーダー」を付けていますか?

ユウ
以前、女性タレントの起こした「飲酒運転ひき逃げ事故」や、高速道路上で起きた「あおり運転死亡事故」など、目撃者情報などの証拠を集めることが難しかった交通事故ですが、ドライブレコーダーの映像記録により、どのような状況だったのかがわかるようになってきました!

また、ドライブレコーダーは走行時の映像記録だけでなく、高機能な製品では、安全運転診断や運転支援などの機能も搭載され、一般ドライバーから初心者・女性・高齢者の安全運転サポートも可能になりました。ドライブレコーダーの搭載を検討している方はもちろん、高機能のドライブレコーダーへの交換を検討している方や、高齢者の運転に不安を持っているご家族の方にも、おすすめです。

重大事故の多発が報じられる昨今、運転状況を録画するドライブレコーダーは、老若男女を問わずドライバー必須のアイテムとなっています。

ヨーコさん
どんなドライブレコーダーを選べばいいのかしら?
ユウ
ドライブレコーダーには、たくさんの種類があります。鮮明な映像を残すものもあれば、画像が不鮮明なものもあり・・・中には、メモリー不足により事故時の映像記録を取りそこなうなど、肝心な時に役立たない粗悪なものもあり、市販品を購入する場合どれを選べば良いのか決断の付かない方も多いようです。
そんな時には自動車保険の「ドライブレコーダー特約」をおすすめします。

自動車保険のドライブレコーダー特約ってどんなもの?

自動車保険の「ドライブレコーダー特約」をご存じですか?

ドライブレコーダーを付けてみたいけれど、どれかいいのかわからない・・・という方にぜひ検討して頂きたいのが、自動車保険に「ドライブレコーダー特約」をつけることです。

ヨーコさん
自動車保険の「ドライブレコーダー特約」ってどんなものなの?
ユウ
「ドライブレコーダー特約」は、自動車保険(任意保険)の契約者が、特約保険料を払って、ドライブレコーダーを借してもらえる仕組みのことです。
自動車保険の特約として最新の高機能ドライブレコーダー(国内有名メーカー製)が毎月定額でレンタルされ、さらに事故対応と安全運転支援・安全運転診断なども含めたサービスが提供される特約です。

・市販品のドライブレコーダー~映像の録画のみ
・保険会社からレンタルされるドライブレコーダー~走行状況などのモニタリングから事故発生時に保険会社サービスセンターに自動発報(通報)してくれる「双方向通信が可能なテレマティクス型」

テレマティクスとは・・・「自動車、輸送車両などへの情報提供サービス」の意味で用いられることもあり、運転手が欲する情報をCD-ROMやDVDといった車載の記録媒体から取得するのではなく、双方向通信によって情報提供者から車に情報を送信すると共に、車からも走行情報などを送信すること。ウィキペディアより

高齢ドライバーにこそドライブレコーダー特約

自動車保険の更新時に「ドライブレコーダー特約」を付ける方法もご検討されてみてはいかがでしょうか。

若い方であればメカにも強く、自動車用品店や家電量販店に出かけて、自分で機械を選んで購入するのも簡単ですね。ですが、高齢の親御さんや祖父母といった場合は、店が遠かったり、どの機種がいいか選ぶのが面倒だったりで、ドライブレコーダーを購入すること自体、なかなかハードルが高くなってしまう現状があります。

ドライブレコーダー特約を自動車保険に付けると、保険会社から高機能のドライブレコーダーがすぐに送られてきます。

通信機能などが付いているのはもちろんのこと、保険会社ならではの特別な機能が付いていて、高齢ドライバーの運転に安心を添えてくれます。

ユウ
高齢の親御さんや祖父母と免許証返上の話でギクシャクしがちな状況であれば、ドライブレコーダー特約を付けることで、すこしは不安が解消のされるかもしれません。わたしの実家の父親も、運転がおぼつかなくなってきたので、いち早く免許証を返上することにしました。返上するまでもとても不安だったので、自動車保険にドライブレコーダー特約をつけました!あとから運転の様子を見ることができたり、万が一の時も安心ですよね。

大手4社のドライブレコーダー特約比較

・東京海上日動火災保険~ドライブエージェント パーソナル

エアバッグが作動する程の衝撃をドライブレコーダーが検知すると、リアルタイムに自動で事故受付センターに連絡する仕組みになっています。事故の前後10秒ほどの映像も自動で記録・送信され、保険会社の事故受付は完了します。

音声通話機能つきのドライブレコーダーなので、事故受付の担当者が「事故を確認しました。おケガはございませんか?」といった声掛けにはじまり、GPS機能がありますので、事故現場がわかり、対応がスムーズです。万が一運転者が手などを負傷していた場合でも救急車の搬送の手配まで行ってもらえるのでとても便利です。

・損害保険ジャパン日本興亜~ドライビング!

一定の衝撃を検知した場合やドライブレコーダーの緊急ボタンを押した場合に事故通知を行うことができます。車が大破したときのことを考え、端末での通話はできず、ご自身のスマートフォンで連絡をとる仕組みになってます。事故時にALSOK(綜合警備保障)の警備員が事故現場に駆けつけて相手方とのやりとりを代行してくれるサービスがついているので、特に高齢者や女性の方の評価が高いです。

・三井住友海上火災保険~GK見守る車の保険

万一の事故の場合で、専用ドライブレコーダーが一定以上の衝撃を検知すると、三井住友海上に位置情報や衝撃検知時の映像等を送信します。専用安否確認デスクのオペレータは、専用ドライブレコーダーを通じて安否確認コールを行い、事故の初期対応等をアドバイスしてくれます。

・あいおいニッセイ同和損保~タフ見守る車の保険

車線逸脱や前方車両への接近、高速道路での逆走、日常的に使用しない道路の走行に対して注意喚起するアラートをご提供し、事故防止をサポートします。業界初の高速道路逆走注意アラートがついており、もちろん、事故直後の初期対応をサポートする「事故緊急自動通報サービス」もついています。

ユウ
通常であれば、保険会社への事故や保険請求の連絡にあたっては証券番号なども答えられるようにしておく必要がありますが、事故状況の証明もしなければならないことと比べると、自動で保険会社の事故受付が完了できるドライブレコーダー特約はとても便利です。

ドライブレコーダーはこんなに便利

保険会社の「事故受付センター」とのやりとりが可能

・ドライブレコーダーは、いざという時に、事故映像を自動的に事故センターに送信してくれるので、高度な事故対応サービスを簡単に受けることができます。事故の現場情報が自動的に送信されるので、事故の受付や処理がとてもスムーズに流れるようになりました。衝撃がある前からの映像を送信してくれるので、事故の後、自分で慌てて電話をし、動揺しながら現状を整理してオペレーターに伝える、という負担が全く不要になるわけですから、「多少の特約保険料を払っても使用してよかった。」という声はとても多いです。

事故の時の解決が早い


・相手も自動車での事故の場合、過失割合に関してもめるケースが多いのも自動車事故の特徴です。例えば「信号の色」が争点になった際に、ドライブレコーダーがない時代は、双方の言い分が違えば平行線をたどり、事故の解決にも時間がかかりました。
このドライブレコーダーがあれば、自分の主張が正しいことが立証できますので、事故解決も早いということがまさに利点になります。

トラブルになったとき、ドライブレコーダーに記録されている映像や音声ほど確かな証拠はありません。道路上の事故やトラブルだけでなく、タクシーの車内での暴行事件の証拠にもなります。逆に、そうした瞬間が記録されていなかったらどうなっていただろうと思うと恐ろしくなります。

事故防止支援の充実

・運転状況を把握し、危険を察知したらリアルタイムで注意喚起を呼びかけてくれる「事故防止支援」、契約者の運転特性をもとに専用のレポートが提供される「安全運転診断」といったサービスを受けることもできます。

・損害保険会社が提供するドライブレコーダーは、事故やトラブルの時の画像を残すだけでなく、事故を起こさないように安全運転を支援するサービスが充実しています。

ユウ
最近では、「あおり運転」対策としてドライブレコーダーを購入する方も増えています。ドライブレコーダー付き自動車保険には、月々の保険料を650円~850円余分に払うことで加入できますので、まだドライブレコーダーを購入していない方はぜひ検討されてみることをおすすめします!