自動車保険 もしもの時に便利な特約~弁護士費用特約!

自動車保険の中に「弁護士費用特約」という便利な特約があります。

弁護士費用特約とは・・・

自動車保険のご契約者、そのご家族、またはご契約のお車に搭乗中の方などが、自動車に起因する人身被害事故や物損被害事故に遭った場合に、相手方に損害賠償請求を行う場合に生じる弁護士費用や、法律相談をする場合の費用をお支払いする自動車保険の特約です

ご自身に非がない被害事故では、保険会社はお客さまの代理として示談交渉はできません。
(弁護士法72条で示談代行が禁じられています)
そのため、被害事故の場合、相手との交渉はご自身で行う必要があります。

また、相手方が自賠責保険にしか加入しておらず、賠償金交渉がなかなか進まないということもあります。さらに、加害者が全く過失を認めようとしない、もしくはこちらが想定した金額よりも低い賠償額を提示してきて納得できないというケースも考えられます。

まれに示談金や賠償金で、双方の折り合いがつかないこともあります。直接交渉で話が進まないのであれば、訴訟という可能性も視野に入れなければなりませんし、裁判となると弁護士を付けることを検討しなければなりません。

ユウ
一般の方にとって、知識も経験も少ない示談交渉を行うのは簡単なことではありません。そのような場合に、弁護士に相談したり、委任したりする場合の費用をお支払いする弁護士費用特約を自動車保険にセットしていると、とても安心ですよね。
自動車保険は基本的に事故相手の賠償に備えるためのものなので、保険契約者に過失があれば、保険会社は保険金を支払う当事者として、示談交渉を行ってくれます
ですが、自分に責任のない「もらい事故」では、保険会社は示談交渉ができません
つまり、「もらい事故」の相手方との交渉は自分自身で行う必要がありますが、弁護士等に委任することもできます。その場合の費用負担に備えるのが弁護士特約です。
*信号待ちをしていて追突された場合など、自分にまったく過失がない10対0の事故(もらい事故)などでは、保険会社は、被害者側に賠償責任がないため保険金を支払う当事者にはならず、示談交渉を代行することができませ ん。つまり、加害者側(加害者本人や保険会社)と話をするのは被害者本人となります。そんな場合に、弁護士費用特約を利用するとその範囲内であれば、費用負担0円で、事故の直後から相手や相手方保険会社との面倒な交渉から訴訟までの一切を弁護士に委任することができます。
ユウ
ただでさえ事故に遭ってしまったら精神的に負担がかかってしまいますよね。それに加え、自分で示談交渉までしないといけなくなると、ものすごい負担がかかってきます!交渉を弁護士に依頼すると、精神的な負担も軽減され、治療に専念して早期の社会復帰も期待できますよね。
さらに、弁護士費用特約は、自分:加害者の過失割合が0:10でなければ弁護士特約を利用できない、というわけでありません。自分:加害者=2:8などで、被害者に過失が認められても、弁護士費用特約は適用できますので、ご安心ください。

お支払する保険金

・弁護士・司法書士報酬
・訴訟費用、仲裁・和解・調停に要した費用
・その他権利の保全、行使に必要な手続きをするために要した費用
1事故につき、1名あたり300万円限度
・被保険者が被害者請求を行う場合などに、損害賠償額の支払いを請求するために要する司法書士、行政書士の書類作成費用
1事故につき、1名あたり10万円限度

ヨーコさん
自分の自動車保険に弁護士費用特約が付いていた場合、弁護士費用がタダになるの?
ユウ
かならず無料になるとは言い切れませんが、補償の結果、実質自己負担0円になることがほとんどです。
弁護士費用特約を使うと、弁護士への示談交渉依頼にかかる費用を限度額300万円まで補償してもらえます
弁護士費用の相場は一般的に下記の通り計算されますが、たいていの交通事故では弁護士費用が300万円を超えることはありません
そのため、被害者は自己負担0円で弁護士に依頼することができます。弁護士費用の相場(相談料無料・着手金無料の場合)は、成功報酬金20万+示談金(最終的に手に入ったすべての損害賠償金額)の10%です。
例えば、500万円の賠償請求をする場合には、弁護士費用は20万円+50万円=70万円となります。普通に依頼すると70万円の弁護士費用がかかるところ、弁護士特約を使用すれば弁護士費用が実質0円になります。

※ 年間の利用回数制限はありません。
※ 搭乗中の「車」は、ご契約のお車だけでなく、タクシーやバス、友人の車など自動車全般をいい、原付・二輪自動車も含みます。

弁護士費用特約の使えるケース

・契約自動車に乗っていた場合の事故
・契約自動車でない、バスやタクシー、友人の車などに乗っていた場合の事故
・自転車や歩行中など、自動車にのっていない場合の事故
・赤信号で停車中に、後ろの車に追突されてケガをした
・横断歩道を歩行中に、信号無視の自動車にひかれてケガをした

なお、自動車にかかわる被害事故の「自動車」とは、ご契約のお車だけでなく、タクシーやバス、友人の車など自動車全般をいい、原付・二輪自動車も含みます。
また、ご契約者、そのご家族については、お車に搭乗中だけでなく、ご自身が歩行中の場合の交通事故など、自動車にかかわる被害事故が対象となります。

(注) 自転車同士の事故や自転車と歩行者の事故、日常生活に関する事故は、自動車にかかわる被害事故ではないので、弁護士費用特約の対象にはなりません。

ユウ
先日、私の担当する自動車保険の契約者様のお母さまが、歩行中に車に接触され、転倒しケガを負いました。相手側の対応が悪く、保険会社にも不信感を抱いていたので、弁護士費用特約をつかって、弁護士に相談することにしました。契約者様から、とても喜ばれましたよ!!

※弁護士費用特約で保険金が支払われない主なケース
被保険者の故意または重大な過失によって、その本人に生じた損害
無免許運転、麻薬などの影響で正常な運転ができないおそれのある状態での運転、酒気を帯びた状態での運転によって、その本人に生じた損害
闘争行為、自殺行為、犯罪行為によって、その本人に生じた損害
被保険者が次のいずれかの方に損害賠償請求を行う場合
・記名被保険者およびそのご家族
・被保険者の父母、配偶者または子
・ご契約のお車の所有者
台風、洪水、高潮により発生した損害
被保険者が所有、使用または管理する財物に存在する欠陥、摩滅、腐しょく、さびその他自然の消耗
契約自動車の正規の乗車装置に搭乗していない場合や、極めて異常かつ危険な方法で自動車に搭乗中の場合
日常生活の事故など、自動車にかかわる事故ではない場合
など

弁護士費用特約が適用される人の範囲

弁護⼠費用特約の補償の対象となるのは、保険契約者本人だけではありません。

・保険契約者
・保険契約者の配偶者
・保険契約者と同居している家族
・保険契約者と別居している未婚の⼦ども
・契約⾃動⾞に同乗していた⼈

弁護士に依頼するメリット

賠償金が増額できる可能性があります。
→保険会社から任意保険基準で賠償額の提示を受けている場合、弁護士が裁判所・弁護士基準での賠償金を支払ってもらうよう交渉します。その結果、賠償金を増額できる可能性があります。特に、後遺障害等級認定を受けられた方は、賠償金が高額になるため、弁護士に依頼するメリットは大きくなることが多いでしょう。その理由は、弁護士に依頼することで、保険会社が慰謝料を計算する「任意保険基準」よりも高額な「弁護士基準」(裁判基準)が適用され、結果的に慰謝料を多くもらえるからです。また、弁護士費用特約を使って弁護士に依頼すると、過失割合の点でも有利に示談交渉することができます

弁護士費用の負担が軽減します。
→自分や家族の自動車保険に「弁護士費用特約」が付帯されている場合、その保険会社から弁護士費用の全部、または一部が支払われます。 争いになる点が多く、弁護士費用が高額になりかねない事故の場合でも、弁護士費用の負担が軽減されます。

後遺障害等級認定サポートしてくれます。
適正な損害賠償を受けるためには、適正な後遺障害等級認定が重要となります。法律事務所によっては、後遺障害等級認定手続きから、救済に向けた細かな対応まで、しっかりとサポートしてくれるところがあります。

被害者が直接示談交渉を行う精神的ストレスから解放されます。
→弁護士費用特約を使って弁護士に示談交渉を依頼すると、被害者が自分で示談交渉しなくても良くなります。
交通事故被害者は、ただでさえ身体的、精神的に大きな負担を負っているものであり、ここで示談交渉まで自分でしないといけないとなると、多大なストレスがかかります。ここで、弁護士特約を使って弁護士に示談交渉を任せてしまえば、このようなストレスからは解放されますし、交通事故で怪我をしたならその治療に専念することも可能になります

ユウ
以上のように、弁護士費用特約を使って弁護士に示談交渉を依頼すると、賠償金の金額が上がる上に事件が速やかに解決できるなどのメリットがあります。

弁護士費用特約のデメリット

ユウ
弁護士費用特約を「利用」することにはデメリットはありません!強いてあげるとすれば、オプションで保険料がかかることです。保険会社によって異なるものの、年間1,200〜3,000円ほどかかります。

弁護士費用特約も特約の1種なので、つけると保険料が上がります。だいたい月々100円程度になることが多いです。
ただ、月々100円程度で上記のような大きなメリットが得られるのですから、決して損にはなりません。
むしろつけていないことで受ける不利益の方が大きいので、是非とも加入するべきです。

弁護士費用特約を使うと等級はどうなるの

弁護士費用特約のみを使っても、ノンフリート等級は下がりません
事故にあって保険を使うことで保険等級は下がるかもしれませんが、弁護士特約の利用と保険等級はまったく関係がないのです。
利用しても保険の等級には影響がないので、安心して利用しましょう

特約の補償重複について

「弁護士費用補償特約」をセットされる場合、記名被保険者およびそのご家族について、補償内容が同様の他の保険契約(自動車保険・バイク保険や、当社以外の保険契約を含みます)が既にあるときは、補償の重複が生じることがあります
なお、補償の重複を避けるために「弁護士費用補償特約」を1契約のみにセットされる場合、廃車等に伴う「弁護士費用補償特約」をセットされたご契約の解約や、家族状況の変化(同居から別居への変化等)により被保険者が補償の対象外になるときなどは、「弁護士費用補償特約」の補償がなくなることがありますので、十分ご注意ください。

弁護士費用特約の使い方

①加入保険に弁護士費用特約が付いているか確認する
②交通事故案件に強い弁護士を探す
③保険会社に弁護士費用特約利用の同意を得る
④弁護士費用特約を使うことを弁護士に伝えて依頼する

ヨーコさん
弁護士に依頼するのはいつごろがいいのかしら?
ユウ
弁護士費用特約を使うのは、早ければ早いほど良いです。いつ依頼しても被害者の弁護士費用の負担は変わらない(0円)のですから、依頼する時期を待つ必要はありません。むしろ、早期に依頼をして示談交渉が不利にならないように適切なアドバイスを受け、それに従って手続をすすめることが被害者の有利になります
交通事故に遭ったら、すぐに弁護士特約を利用して、まずは一度弁護士に相談してみると良いでしょう。

※交通事故当初に弁護士特約を利用しなかった場合、たとえば、以下のようなタイミングも弁護士費用特約を利用するきっかけとしては充分でしょう。
・保険会社が提示した示談金・慰謝料・賠償額に納得がいかない
・後遺障害認定をサポートしてもらいたい
・示談交渉、書類作成に時間をとられたくないので、専門家に任せたい
・過失割合について相手と話がまとまらない
・相手が希望する賠償請求に応じてくれない
・そもそも相手が交渉に応じてくれない

※交通事故事件は交通事故に強い弁護士に依頼する方が有利になるので、できれば交通事故問題を多く取り扱っていて得意としている弁護士を探し、弁護士費用特約を使って依頼すると良いでしょう。

※万が一保険会社から紹介された弁護士や、あなたが依頼した弁護士があまりにも相性が悪い、不親切だった場合は弁護士を途中で交代させることもできます。保険会社の約款に依頼後の弁護士変更制限などの記載がないかどうか、必ず事前に保険会社に相談しましょう。

ユウ
弁護士費用特約はとても便利な特約です。私もお客様には、必ず提案するようにしています。弁護士費用特約は途中でも加入することができます。ご自身の自動車保険に弁護士費用特約がついているかどうか、確認してみてくださいね!